貯金と節約

貯金と節約は切っても切れない関係にあると思います。
今わたしは車を買い替えるために貯金をしております。
つまり節約してます。
もう副業(アルバイト)しよう!っていう歳でもありませんから、やはり貯金するための近道で一番手っ取り早いのが節約なんですよね・・・
今日はそんな私がやっている節約術をみなさんにお伝えしたいと思います。

1.食事制限
健康に響かない程度にほどよく摂生してます。
贅肉が気になる人はダイエットにも節約にもなって一石二鳥です。

2.節電、使わない電気製品のコンセントを抜いておく。
さすがに車を買うための節約と言えるほど電気代が浮くわけではありませんが、
消費電力は無駄な電気代が掛かるので使わないコンセントは抜いてます。
貯金のついでに電気代節約です。一石二鳥。

3.ごはんのおかずはスーパーの特売品を
自炊するのは当然として、それでも食事全てを自分で調理する時間が取れるとも限りません。
お米はある程度の量を一気に炊いておいて冷凍保存しておき、調理する時間が無いときはスーパーの特売品を利用します。
仕事が終わって帰る時間だと丁度特売をやっていることが多いのでおすすめです。
くれぐれも「コンビニ弁当でいいや」はやめておきましょう。お高くつきます。

4.移動はなるべく徒歩or自転車で
まだ一台も車やバイクを持ってない人は電車以外だと徒歩か自転車しかありませんが、すでにある人はついつい車に乗ってしまいがちです。
また、バイクを持っている人は維持費も想像以上に掛かっていることでしょう。
ガソリンは一度入れるとしばらく走れるので移動費があまり掛かってないような錯覚がありますが、その一度が高いです。
特に最近のガソリンの値上がり具合はすごいので、近場へ行くのであれば出来るだけ乗らないようにしましょう。
バイクや車を売ってしまうというのも一つの手です。
参考⇒バイク売るために.com

普段わたしがやっている節約と言えばこんなところです。
とくに特別なことをやっているわけではありません。
しかしこれをやってるのとやっていないのとでは大きく違います。
「その程度でそんなに変わるか?」と思う人はぜひ実践してみてください。
お金の貯まり方が全然違ってくると思います。

副業の色々

今は便利なもので、マイカーを持ってなくてもたまの休日に出掛ける程度ならレンタカーで事足りますし、都心部ならそこらじゅうに電車が走っているので車の必要性もあまりないと思います。
とは言えやはり免許を持っている以上車が欲しいと思うのも必然だと思います。
でも車買いたいけどお金がない!
っていう人、結構居るんじゃないでしょうか。
そうなってくるとどうにかしてお金を貯めようと思うわけですが、そのうちの一つの手段として副業があります。

しかし、副業といっても色々あります。
それに稼ぎたい(貯めたい)額によってもどのような副業を選択するかが変わってきます。
今回はその目的と手段について少し考えてみましょう。

1.少額をコツコツと
副業したいけど体力的余裕があまりない、あるいはそこまで副業に力を入れるつもりは無いといった人におすすめ。
いわゆる内職的なのが体力をさほど使うことなく、但し収入自体は少ないといった感じです。
他には携帯やPCで簡単にできるお小遣い(ポイント)サイトなどがあります。
色々な無料サイトに登録するだけで○ポイント貰えます、というやつです。
暇な時間に適当にやってるだけでお小遣い程度にはなるでしょう。

2.ある程度まとまった額を稼ぎたい
こうなると本業の他にアルバイトなどがあります。
例えばコンビニで時給800円の5時間勤務だとすると、週2~3で3万円~5万円ぐらいになります。
金曜土曜などの翌日本業が無い日で夜勤を選択すれば、深夜は時給25%UPなので実働7時間の週2でも6万円前後になります。

3.本業並、あるいはそれ以上稼ぎたい
もはや車の為、という域を超えています。(笑)
本業以上に稼ぐとなればFXや株などの投資が挙げられますが、ここまでくると生半可な覚悟ではできません。
よくいろんなサイトや広告で副業ならFXがオススメ!という文言を目にしますが、
投資で大勝できる人は極僅かです。
ちょい稼ぎ程度なら勝てる確率も低くないでしょうけど、豪快に稼ぎたいというのであれば全身全霊で取り組まなければなりません。

こんな感じです。
副業をするのであれば、自身の目的に合ったものを選ぶのがベストですね。
ただ、副業ってなんだかカッコ悪くて行動に移しづらい部分があるんですよね…
実家暮らしとかだと余計にやりづらいですね。
バレずにお金を手に入れようと思ったら
親バレしないキャッシングというサイトを見つけました。
知ってて損はないですよ。

金策の色々

車の購入は気軽にできるような金額ではありません。
まずは”買う”以前にその資金を貯めなければなりません。
ローンを組むならそこまで貯金する必要はないでしょうが・・・。

余談ですが私はこのようなことを書いているにも関わらず貯金が苦手な人だったので、
車を購入する際は『プロミスから速攻で30万円借りれた体験談』を見て、境遇がこの体験談に少し近かったので融資を受けてローンを選びました。(苦笑)
まぁ当時は若かったのでお金遣いが少々荒かったのもあるんですけどね。
しかし例えば30万円借りたからといって30万円返せばいいわけでは無く、当然金利が付くので余分に支払わなければなりません。
もしプロミスで30万円借りると、それを3年(36回払い)で返すとなれば1回の支払いは10,815円、利息だけで89,345円も余分に払うことになります。
そういう事もあってか、借入をして以降節約を気に掛けるようになってきました。

それはさておき、車の購入にローンを組む場合でも頭金というものが必要になってきます。
車両代はまだしも、保険代はすぐに払っておかなければなりません。
それに先ほど言った通りローンだと金利分だけ余分に支払うことになるので、
返済はなるべく早く済ませたいものです。
借り入れる金額や期間は短ければそれだけ利息も少なくなるので。
さっきのプロミスで30万円借入の例だと、1年間で返しきれば利息分は29,701円で済みます。
(但し1回の返済額は27,475円と月単位の負担は増えます)
そこで出来るだけ頭金を用意するために、金策を考えましょう。

1.節約
言わずもがな。
タイトル=結論みたいなものです。

2.副業
体力に余裕のある人は週1~2程度で副業するのも手です。
副業で入る収入は全て貯金に回しましょう。

3.投資
高級車を買いたいというようなある程度資金がある人向け。
リスクもあるがリターンの期待値も高い。
しかし言うまでもないですが自己責任でお願いします。(笑)

金策は主にこの3つに分けられると思います。
内容につきましては追々書いていこうと思います。
今回はここまでとさせていただきます。
それでは。

車の購入

みなさんは車をお持ちでしょうか?
持っているとしてそれは自分で購入したものでしょうか。
それとも親に(買って)貰ったものでしょうか。

自動(二輪)車は免許もさることながら車自体もお高いものですよね。
車やバイクの購入は、おそらく人生で一番初めに”大きな買い物”であると自覚する金額だと思います。
ちなみに私の初めては40万円のバイクでした。
その時は一括だったので、支払い直前は諭吉が40人私の財布の中に居ましたね(笑)

P.S.
今はもうちょっと安いバイクに乗っています。
上場するとかで話題(テラモーターズ上場.com)の
テラモーターズのバイクです(笑)

と、余談はさておき車の購入にはそれなりの大金が必要です。
学生が買うにはゲーム機などと比べるとややハードルは高めです。
しかし学生であるからこそ遊べる時間も社会人より多いわけですから、車で色々なところに行きたいというのもまたあると思います。
そこで今回は、学生(主に一人暮らし)でも社会人でも実践できる貯金方法なんかを紹介してみたいと思います。
学生で実家暮らしでバイトしてるって人は、必要最低限以外全部貯金に回してください。それで解決です。

1.自炊
今すぐコンビニ弁当やジャンクフードを辞めましょう。
お米を炊いて、適当に肉と野菜を焼くなり炒めるなりして簡単な焼肉定食でも作れればそれで構いません。
それだけでも食費がかなり浮きます。
もっと細かい自炊関係の節約をする前に、まずは自炊自体を始めることが肝心です。

2.飲み物は水筒で
家でお茶を沸かしたりコーヒーを作ったりしたものを水筒に入れて持っていくだけ。簡単です。
外で買うと高いです。
1個あたりの金額が100円~なのでついつい買ってしまいがちですが、月単位で見ると結構な額になります。
今の水筒は高性能なものが多いので保冷保温も結構持ちがいいです。

何も節約してない!でも貯金したい!ってわがままな人はまずこの2つを実践してください。
ほんのちょっとした手間を惜しむようではあなたは永遠に貯金できないでしょう。
これぐらいのことが当たり前にできるようになると、今度は貯金残高が増えていくのが楽しくなってきます。
そうなれば節約があまり苦になりません。頑張って下さい。

現代社会と車

自動車とは切っても切れない関係にある今の世の中。
社会人のほとんどの人が免許を持っていることでしょう。
特に新卒の人たちは”運転手”を任されることも多いんじゃないでしょうか?
そんなわけで今の若い人たちは皆学生時代に先を見越して免許を取っていることだと思います。

しかし免許を取るには結構高いお金が必要になりますよね。
何も免許を持っていない人だと大体30万円前後ぐらい掛かります。

学生に30万円は大金です。
ただ、周りの人に話を聞いてると免許代を親に出してもらった人は思ってた以上に多いようです。ズルイですね。

とは言っても勉学が本業の学生が30万円を貯めるというのは相当に大変だと思いますから、親としては子が就職した時困らないようにという思いやりも有ってのことかもしれません。
就職したら免許代を貯める(親に返す)ことはできても、免許を取りに行く暇が無くなりますからね。

かくいう私は学生時代、バイトに明け暮れていたので免許代は自腹で払いました。
自分の免許なので自分が払うのは当然のことなんですが、周りが親のすねをかじっているという話を聞くと何か釈然としないのは私だけでしょうか。(笑)
親に「ロクに学校も行かないでバイトばかりしてるんだから免許代は自分で出しなさい」
と言われてしまったら何も言い返せませんので仕方ないんですけどね。
後々就職した際に免許は絶対必要になるということは分かっていたので、取らないわけにもいかなかったですし。

家族を持つことになった時も車はやはり必要です。
これを読んでいる人の中に学生さんが居たら、車の免許はできるだけ取っておいた方が良いですよ。