現代社会と車

自動車とは切っても切れない関係にある今の世の中。
社会人のほとんどの人が免許を持っていることでしょう。
特に新卒の人たちは”運転手”を任されることも多いんじゃないでしょうか?
そんなわけで今の若い人たちは皆学生時代に先を見越して免許を取っていることだと思います。

しかし免許を取るには結構高いお金が必要になりますよね。
何も免許を持っていない人だと大体30万円前後ぐらい掛かります。

学生に30万円は大金です。
ただ、周りの人に話を聞いてると免許代を親に出してもらった人は思ってた以上に多いようです。ズルイですね。

とは言っても勉学が本業の学生が30万円を貯めるというのは相当に大変だと思いますから、親としては子が就職した時困らないようにという思いやりも有ってのことかもしれません。
就職したら免許代を貯める(親に返す)ことはできても、免許を取りに行く暇が無くなりますからね。

かくいう私は学生時代、バイトに明け暮れていたので免許代は自腹で払いました。
自分の免許なので自分が払うのは当然のことなんですが、周りが親のすねをかじっているという話を聞くと何か釈然としないのは私だけでしょうか。(笑)
親に「ロクに学校も行かないでバイトばかりしてるんだから免許代は自分で出しなさい」
と言われてしまったら何も言い返せませんので仕方ないんですけどね。
後々就職した際に免許は絶対必要になるということは分かっていたので、取らないわけにもいかなかったですし。

家族を持つことになった時も車はやはり必要です。
これを読んでいる人の中に学生さんが居たら、車の免許はできるだけ取っておいた方が良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>